2017年4月22日土曜日

電気評論(4月号)に記事掲載!


この4月に発売された電気評論4月号に、解説記事を記載して頂きました。



私の担当章は「次世代パワー半導体(SiC, GaN)の車載電源への適用」です。

あまり何も考えずにこの執筆を受けたのですが、書籍が出来上がってきて、本特集の他の執筆された皆様のお名前を拝見すると、



松波先生(京都大学)、山崎さん、藤平さん(富士電機)、浅原さん(ローム)、舟木先生(大阪大学)、天野先生(名古屋大学)、上田さん(パナソニック)、藤田先生(京都大学)、という錚々たる方々が。
特集とは別の記事には、長岡技術科学大学の伊東先生のお名前も見えます。

この様な方々と一緒に記事投稿させて頂き、光栄です。


最後は、東京で見た、夜桜でお別れしましょう。



田舎で見る桜も良いですが、ビルの谷間で見る桜も違った趣があり、素晴らしかったです。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 5月16日:「~4代目プリウスのPCU分解から紐解く~ 車載パワーデバイスの最新技術と技術動向予測」、技術情報協会様主催
    ※SiCパワー半導体がPCUに組み込まれる技術予測について、素朴な疑問にお答えして参ります。
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2017/04/blog-post_5.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年4月15日土曜日

トラ技ジュニア(2017年春号)に記事掲載!


前回と同じシリーズですが、この春に発売されたトラ技ジュニア(2017年春号)に記事を掲載して頂きました。
記事題目は「磁性体に空いている0.1mmの隙間の有無が天国と地獄の分かれ道 エレキ科学実験! 制御不能のインダクタ」です。



前回と同様、インターネット上の動画と記事が連動しています。
磁気飽和の実際の現象を下記動画で確認し,その理由について記事の中で少しだけ解説しています。





あんまり動画での磁気飽和って、見たことないかも知れません。
ある意味、ショッキングな映像です。(笑)

動画と共に、お楽しみ下さい。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 4月14日:「車載パワーエレクトロニクスの小型軽量化・高効率化にむけた要求性能、最適材料選定指針と最新技術動向」、サイエンス&テクノロジー様主催
    ※車載用インダクタ・トランスの具体的な設計法、そのコア材料の選定までを網羅した3名の専門家によるセミナーです。
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2017/03/blog-post_25.html

  2. 5月16日:「~4代目プリウスのPCU分解から紐解く~ 車載パワーデバイスの最新技術と技術動向予測」、技術情報協会様主催
    ※SiCパワー半導体がPCUに組み込まれる技術予測について、素朴な疑問にお答えして参ります。
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2017/04/blog-post_5.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年4月10日月曜日

ICMaSS 2017への投稿ご検討依頼!


9月29日から10月1日にかけて、名古屋大学にてICMaSS 2017 (International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017)という国際会議が開催されます。
私の所属する名古屋大学 未来材料・システム研究所が主催する国際会議で、もちろん本研究室からも投稿予定です。



この申し込み締切が、4月14日に迫って参りましたので、皆様にご投稿のアナウンスでございます。
申し込みは非常に簡単で、200wordsのアブストラクトを投稿するのみ!

詳細は下記ページに掲載されています。

http://www.icmass.imass.nagoya-u.ac.jp/2017/

この国際会議では、プレナリー講演も用意されておりまして、以下の2名の講演者がご登壇されます。

天野浩教授(名古屋大学)
“Blue LEDs and Transformative Electronics for Establishing Sustainable Society”

Prof. Chavalit Ratanatamsku(チュラロンコン大学)
“CU TIP Innovation: Education Program for Innovator and Research Development for Social and Business Application”

応用に携わられている方々にとっても、デバイス分野、材料分野はこれから日本が生き残っていける大きな軸となる領域です。
是非、この機会にこの領域のご知見を深められて、今後のビジネスの種にして頂ければと考えております。
ちなみに、本研究室からは、いつも通り、ダイレクトにビジネスになるネタを展開していきます。

是非、ご参加下さいませ!


今日は、デバイスレベルまで分解した4代目プリウスの心臓部の写真を公開します。



ご希望がございましたら、今週末のセミナーの際にでも、この辺りについてもお話致します。
お気軽にご用命下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 4月14日:「車載パワーエレクトロニクスの小型軽量化・高効率化にむけた要求性能、最適材料選定指針と最新技術動向」、サイエンス&テクノロジー様主催
    ※車載用インダクタ・トランスの具体的な設計法、そのコア材料の選定までを網羅した3名の専門家によるセミナーです。
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2017/03/blog-post_25.html

  2. 5月16日:「~4代目プリウスのPCU分解から紐解く~ 車載パワーデバイスの最新技術と技術動向予測」、技術情報協会様主催
    ※SiCパワー半導体がPCUに組み込まれる技術予測について、素朴な疑問にお答えして参ります。
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2017/04/blog-post_5.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年4月5日水曜日

車載パワーデバイスの最新技術に関するセミナー開催予定!


5月16日に技術情報協会様の主催で、車載パワーデバイスの最新技術に関する1日セミナーを開催します。
表題は「~4代目プリウスのPCU分解から紐解く~ 車載パワーデバイスの最新技術と技術動向予測」です。

詳細は下記ページに掲載されています。

http://www.gijutu.co.jp/doc/s_705402.htm

今回のセミナーは、次世代パワー半導体を車載用PCUに適用するなら、
・その目的は高効率化か小型化か?
・スイッチング周波数は何kHzがベストか?
・冷却方法は両面冷却か片面冷却か?
等のシンプルな疑問に回答して参ります。

是非、ご参加下さいませ!


今日は、家の出口で、ツクシを見つけた娘の後ろ姿でお別れです。



もう、春ですね。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 4月14日:「車載パワーエレクトロニクスの小型軽量化・高効率化にむけた要求性能、最適材料選定指針と最新技術動向」、サイエンス&テクノロジー様主催
    ※車載用インダクタ・トランスの具体的な設計法、そのコア材料の選定までを網羅した3名の専門家によるセミナーです。
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2017/03/blog-post_25.html

  2. 5月16日:「~4代目プリウスのPCU分解から紐解く~ 車載パワーデバイスの最新技術と技術動向予測」、技術情報協会様主催
    ※SiCパワー半導体がPCUに組み込まれる技術予測について、素朴な疑問にお答えして参ります。
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2017/04/blog-post_5.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓